MOON BOARD

ムーンボードとは

ムーンボードとは、ベン・ムーン氏が開発した世界基準のトレーニング用ウォールです。壁の角度やホールドの配置の規格が統一されているので、世界中のクライマーと同じ課題を共有することが出来ます。専用のアプリを通じて課題のダウンロードをすれば、LEDで課題を表示することが出来ます。自分で作った課題を投稿することも可能です。

登り方のルール

  1. 通常の課題と同じく、両手でホールドを持ってスタート(セパレートあり)
  2. 指定されたホールドのみを使って登ります
  3. 下2列の黄色フットホールドは自由に使えます
  4. ゴールホールドを2秒保持で完登(セパレートあり)
  5. ホールドのどの部分を持ってもOK
  6. マッチやヒールフック等もOK

グレード表記

ムーンボードはフレンチグレードで表記されています。(設定でVグレードに変更可能)2016setの場合、6B+(2級)からになります。2級表記ですが、ジムグレードで3、4級が落とせる方は十分トライ出来るグレードです。6B+でも難しいと感じる場合は「6A」等のキーワードで検索することで、優しめの課題を探すことも可能です。子供や女性等で、ホールドの距離が遠いと感じる方は「kids」のキーワードで検索すると、リーチに配慮した課題も見つけられます。

アプリについて

ムーンボードアプリ専用のタブレットを設置してありますので、そちらをご利用いただけます。ご自分の端末でアプリをダウンロードしていただくと、完登記録等を残して管理することが出来ます。ダウンロード&登録(無料)には時間がかかりますので事前の準備をおすすめします。

登録のやり方

まずはApp Store及びGoogle Playからアプリをダウンロードします。「moon」で検索すれば出てきます。
起動するとログインの選択画面になります。通常はアカウントを持っていないのでサインアップを選択します。
ユーザー情報を登録していきます。上から
ユーザーネーム(適当でOKですが、既に使われている名前は使用出来ません)
ニックネーム(コメントや課題の投稿時に表示される名前です)
ファーストネーム(姓)
ラストネーム(名)
市町村を記入、国を選択し、Eメールアドレス、任意のパスワードを記入します。ムーンボードを所有していますか?の質問は「Use」のままでOKです。
免責事項が出てきますので目を通したら上のチェックで「Yes」を選択。下はムーンからのメール配信を受け取るかを選択します。受信したメールから承認すれば登録完了です。
課題のダウンロードが始まります。2019年4月時点で40000超の課題があります。(2016、2017set合わせて)

アプリの使い方

まずは壁のセッティングをします。「Moon Board 2016」を選択。ホールドセットは3つとも選択します。
セッティングされた壁が表示されるので、間違っていなければチェックボタンを押します。
通常画面です。左下の壁マークをクリックすると課題リストに移動します。
課題リストです。25000超の課題が表示されています。多すぎるので右下のフィルターボタンから課題を絞っていきます。
フィルター画面です。オレンジと黒の玉を左右に動かしてグレードの範囲を決めます。
「FILTERS」は、「BENCHMARKS」がMOON公認課題になりますので、まずはこれがおすすめです。
「EXCLUDE MY REPEATS」をオンにすると、完登記録を付けた課題が表示されなくなります。
「SORT BY」はお好みで並び順を決められます。
右上のXマークを押すと課題リストに戻ります。
課題が絞られました。好きな課題を選んでみましょう。+マークはブックマーク登録画面に飛ぶので、違う部分を押しましょう。
緑がスタートホールド、赤がゴールホールドです。下の電球マークを押すとBluetoothに接続します。+マークは完登記録、吹き出しマークはコメント画面へ移動します。
左右にスワイプすると課題を変更出来ます。
確認画面が出るので「Yes」を選択します。ペアリングが完了すればLEDが点灯します。
同時に接続出来るのは1台のみとなりますので、他の端末で接続したい場合は壁横にあるリセットボタンを押してから接続し直してください。
課題画面で+マークを押すと完登記録を付けることが出来ます。
何トライで落としたかを選択します。
星1〜3で課題を評価して、主観でグレードを付けます。
コンプリートを押せば完登した課題に黒いムーンマークが付きます。設定で、完登した課題を表示させないことも出来ます。